ベナンでの協力隊生活


by ikes12
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ベナンの建物

b0071421_0471781.jpg
 かなり大きな建物を建築中。足場はすぐに折れてしまいそうな木。なんと驚くことに,この足場は建物の壁に直接突き刺してある。壁には所々に穴があり,最後に埋めるのかな?



b0071421_0475485.jpg
 これは家を建築中。柱とはいえないような細い鉄の棒に,ブロックを積んでセメントで固めていく。日本だったらすぐに倒れてしまいそうな感じ。こっちは地震がないからいいのかな?肉眼でも歪んでいるのがすぐ分かる。

 いずれにせよすべて手作業でやっている。この前,かなり大きな建物の解体中の現場を見たら,それも大きなハンマーとツルハシでやっていた。かなりの重労働。
[PR]
# by ikes12 | 2006-07-26 00:53

コーヒーとおやつ

b0071421_19482829.jpg ベナンのコーヒーの飲み方は日本と違い,コーヒーカップは使わず,小さいボールのようなもので飲む。しかもコンデンスミルクをたっぷりと入れ,プラス角砂糖を4つぐらい入れる。かなりの甘党。「ミロ(パッケージには黒人が描かれている)」もあり,それにもコンデンスミルクと砂糖をたっぷり入れる。

b0071421_19491212.jpg これは路上でもよく売っている揚げパンのようなもの。これにグラニュー糖をかけて食べる。日本のドーナッツのような感じで,これはおいしい。
[PR]
# by ikes12 | 2006-07-23 19:56
b0071421_0171463.jpg この写真のように黄色と緑のツートンカラーがタクシー。この車はかなりいい方で,ドアミラーがないのは当たり前。フロントガラスにヒビが入っていたり,リアガラスがなくビニールを貼っていたりするのもある。この前,乗ったタクシーは走っている途中で車軸が折れた感じで,左右に揺れ危うく事故に遭うところだった。
 それから,タクシーは相乗り。道に立っている人が走っているタクシーに行き先を叫び,同じ方向なら乗せていく。前部座席に2人,後部座席に4人まで乗る。ベナンの女性はかなりお尻が大きいので(大きい方が美人らしい?),お尻に挟まれ,踏まれながら乗っている。
 今はホームステイ先が変わり,毎日タクシーで通っている。タクシーで通っているというとかなり贅沢なように聞こえるかな。でも,値段は決まっていて,100CFA(20円)か150CFA(30円)ぐらい。
[PR]
# by ikes12 | 2006-07-21 23:15
b0071421_074784.jpg ひとたび大雨が降れば,こんな感じ。ふくらはぎぐらいまで水があるところもあった。だからベナンの人はいつもサンダルを履いている。
[PR]
# by ikes12 | 2006-07-19 00:10

ベナンの食事紹介

b0071421_23571512.jpg 左側の白いものは「パテ」といって,トウモロコシをすりつぶして作ったもの。ベナンの一般的な主食。豆腐をもっと堅くしたもののような食感で若干甘い。その横にあるものは「フロマージュ」といっていたが,スポンジのような食感で辛いトマトソースで込んだもの。

b0071421_23581635.jpg 左側の白いものはキャッサバから作ったお餅のようなもの。上のパテとは別物。若干酸っぱい。その横は肉を辛いトマトソースで煮込んだもの。
 とにかくベナンでは,この辛いトマトソースがすべてのベースのよう。食べ方は白いものを手でつかんで,横のソースにつけて食べるというもの。フロマージュや肉も当然手でつかんで食べる。(でも,白人だとお店によってはフォークを出してくれる)
[PR]
# by ikes12 | 2006-07-19 00:05