ベナンでの協力隊生活


by ikes12
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:活動内容 ( 1 ) タグの人気記事

【職場】
b0071421_22302381.jpg 私の配属先はウエメ・プラトー県の県教育支部(県の教育委員会)で,そこの中等教育課で働いています。
 この配属先から私に出されていた要請内容は,「教員養成カリキュラム(現職教員研修)の充実化・運営支援」でした。
 しかし,現実にはこの職場でこれらの内容に関する仕事は一切行われておらず,実際の仕事内容は管轄している学校の人事管理が中心でした。前のディレクター(県教育支部長)が日本の学校を視察した経験があり,日本の教育に興味を持っていたようで,日本人の教師が来てくれるのならということでこのような要請になったようです。職場の仕事内容と関係のない要請を出すというあたりがいかにもベナン人らしいのですが,このディレクターは私が配属される前に異動になってしまい,新しいディレクターに変わり,その人からすると頼みもしないのに日本人が来たということでおそらくいい迷惑だったと思います。

【シェフ(中等教育課長)】
b0071421_22332698.jpg 配属先のシェフ(中等教育課長)はとても親切な人で,私が配属されて間もない頃はベナンの教育システムについて詳しく教えてくれました。私が配属されたのが8月中旬で,新学年が始まるのが10月ということだったので,このシェフからは10月になったら授業の視察に連れて行くので授業のアドバイスをしてほしいと言われていました。しかし,実際には授業の視察は一回もありませんでした。今から考えると当然なんですが(この職場とは関係のない仕事なので),このあたりもいかにもベナン人らしいと思いました。

 そんなわけで,初めの半年間は何もやることがなく,というか何も期待されていなかったので,まわりの人からするとおとなしく座っていてくれればよいという感じでした。さすがに座っているだけでは暇なので,この半年間はベナンの教育プログラムと教科書の分析,国レベルで行っていた教員研修への参加,授業観察(近くの学校に直接行ってお願いした)などをして,ベナンの教育界の問題点を洗い出していました。

【教員によるストライキ】
b0071421_22373333.jpg 問題点を挙げればきりがないのですが,特に財政面に関わる問題は深刻です。教員不足,教室不足,教材不足など足りないものだらけで,どうしてもお金がないからすべて上手くいかないという発想になってしまいます。教員に対する給料の支払いが滞ったりすることもあり,教員のストライキも頻繁にあります。当然ストライキ中,授業は行われません。

 さすがに,私の立場では財政面に関することには何も手が出せないので,私のできることは何かと考え,『授業の質改善・教師の力量向上』をめざすことにしました。具体的には,『指導案の作成→シミュレーション授業→研究授業』という一連の流れを提案し,実施することを考えました。
 これまでベナンでは研究授業のような形のものはなく,指導案というものもありませんでした。そして,ベナンでは正規教員の割合がかなり低く,多い学校でも半数弱,学校によっては校長だけが正規教員で,他はすべて非常勤講師という場合も多くあります。非常勤講師は大学2年まで終えていれば誰でもでき,特に教育について学んでいる必要はなく,アルバイト感覚で非常勤講師をやっている人も多くいます。また,教員研修を受けた経験のある教員はベナン全体で20%程度しかおらず,授業の質の低さが大きな問題になっていました。その影響で,BAC(大学入学資格),BEPC(前期中等教育修了証書)の通過率がともに10%前後と信じられない結果につながっています。
[※ 日本に置き換えると,大学の合格率と高校の合格率が10%前後ということになる]

 ただ,私の職場ではこのような活動を進めようと思っても職場の仕事内容とは全く関連しないので模索していたところ,大きな転機がおとずれました。私よりも先にベナンに来ていた理数科教師の隊員が教育省の中等教育局に2人配属されており,そのうちの1人が日本の研修に参加した経験のあるベナン人教師と人脈を持っていました。また,ケニアの理数科プロジェクトの研修に参加した経験のあるベナン人教師とも人脈を持っていました。
[※ ケニアは日本の援助で中等理数科教育に対するプロジェクトを10年近く進めており,アフリカの中では教育の先進的な立場にある]

【会議の参加者】
b0071421_22435644.jpg そして,JICAスタッフの方とともに,日本やケニアの研修に参加した経験のあるベナン人教師と協力して何かできないかということになりました。調べてみると,研修に参加した経験のある数学,物理化学,生物のベナン人教師が合計14人いました。彼らを集めて理数科会議なるものを立ち上げました。そこで,彼らとともに『指導案の作成→シミュレーション授業→研究授業』の一連の流れを実施してみようと考えました。より意味のあるものにするために,彼らだけでなく教育省のお偉方にも加わってもらうことにしました。

【教育省のお偉方】
b0071421_22405621.jpg 右からDIP局長補佐(DIP:教育視学局),元教育大臣,教育省中等教育局長







【数学のシミュレーション授業】
b0071421_22504557.jpg これまでに8回の会議を開催し,その過程で数学,生物において『指導案の作成→シミュレーション授業→研究授業』の一連の流れを実施してきました。
 ベナン人教師にとっては,今まで研究授業なるものはもちろんやったことがなく,指導案の作成も初めての経験だったので苦労は尽きませんでした。
 まず,研究授業を実施する目的,指導案を作成する意義,指導案の作成方法など一から説明する必要があり,これらに関するプレゼンから始めました。私の語学力では伝えるのが難しいので,私がプレゼンする内容を日本語で作り,他の隊員にプレゼンしてもらっていました。(こんな状況だったので私の語学力は・・・)

【授業後の検討会】
b0071421_22523890.jpg 我々の考えた目的に教育省のお偉方が賛同してくれ,参加者の理解を得ることができ,何とかここまで進めることができました。しかし,日本人のペースとベナン人のペースは当然ちがうので,何をやるにも時間がかかりました。指導案の打ち合わせをしようと約束していても,時間に遅れてくるのはあたり前で,当日何の連絡もなく来ないということもありました。

【数学のモデル授業】
b0071421_22534529.jpg 回を重ねるごとに,教育省のお偉方の理解が増し,我々としてはやりやすくなっていきました。(ベナン人は権威に弱く,我々が言ってもなかなか素直に聞き入れてもらえないが,同じことをお偉方が言うと素直に聞くという傾向が強いので)


【授業後の検討会】
b0071421_2255594.jpg まだまだ,基本的な授業法などで改善していかなければならない点は多々ありますが,まずははじめの一歩を何とか踏み出すことができた状態です。





【プレゼンの様子】
b0071421_2256111.jpg 私のパートナーだった隊員が11月末に日本に帰国したため,つたないフランス語で私がプレゼンをすることになってしまいました。






 帰国まで約1か月になり,ベナンでの残された時間も残りわずかとなってきました。この残りの1か月で,あと物理化学のシミュレーション授業,研究授業を行う予定をしています。現在ベナン人教師とともに指導案の作成中で,まさにラストスパートという状態です。最後まで慌ただしい状態が続きそうです。
[PR]
by ikes12 | 2008-02-23 23:04